九州電力川内原発の地元地域にお住いのみなさまへ…「信じる者は救われる」であって欲しいです。

九州電力川内原発の地元住民のみなさまへ…「信じる者は救われる」であって欲しいです。

東芝の不正会計、三菱自動車(三菱重工から派生)の燃費不正にみられるように、原発事業者には、嘘つき体質のDNAが脈々と流れているのです。そのような体質の原発推進グループが、「原発は安全だ」といっても、あてにはなりません。

原発推進グループの安全神話を鵜呑みにして、何の行動も起こさない川内原発の地元住民は人が良すぎるのではないでしょうか。

鹿児島県民にとって、福島第一原発事故は遠い世界の出来事と思っても、やむをえません。

しかし、鹿児島県民は、隣の熊本で震度7の地震があっても、川内原発は安全だと信じて、何の行動も起こずに、運転を許容しています。地域住民の鈍感力には、頭が下がります。

「信じる者は救われる」であって欲しいです。

NEWSを読み解く今週のキーワード
脱原発は不可能か? 国民を守れない日本を支配している構造
日刊ゲンダイ2016年4月19日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/179702


画像


「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」矢部宏治著(集英社インターナショナル 1200円+税)


日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
集英社インターナショナル
矢部 宏治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか [ 矢部宏治 ]
楽天ブックス
矢部宏治 集英社インターナショナル 集英社戦後再発見 戦後史の正体 本土の人間は 沖縄の人はBKSC


楽天市場 by 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか [ 矢部宏治 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 史上最悪の原発事故となった3・11福島第1原発事故。すぐにドイツやイタリアは原発廃止を打ち出したのに、当の日本は再稼働を急いだ。なぜやめられないのか? そんな単純な問いへの答えさえ出せない日本とは何なのか。元広告マンで小出版社をいとなむ著者はその答えの糸口を3.11前の沖縄取材旅行でつかんだという。

 広大な米軍基地のある沖縄では米軍住宅地の上だけ軍用機の訓練がおこなわれない。それは米軍の陰謀というより「住宅地上空では訓練しない」という米国の法規に従っているため。しかし地元の日本人住宅地では日本政府が止めない限り、米軍は訓練を控える理由がないのだ。要は日本政府が国民を守っていないのである。

 同じ構造が原発問題にもある。米国から日本への核燃料の調達や再処理、資機材・技術の導入などを取り決めた1988年以来の日米原子力協定は条約の大半が米の同意なしに独自に政策を変えられないと決めているのだ。著者はこの構造が、戦前の天皇崇拝を温存する「天皇+米国」支配なのだと看破する。

をユニークな社会思想論として考察する試み。


画像


「日本はなぜ脱原発できないのか」小森敦司著(平凡社 800円+税)





日本はなぜ脱原発できないのか [ 小森敦司 ]
楽天ブックス
「原子力村」という利権 平凡社新書 小森敦司 平凡社発行年月:2016年02月17日 予約締切日:2


楽天市場 by 日本はなぜ脱原発できないのか [ 小森敦司 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「一匹の化け物が日本を徘徊している。『原子力村』という化け物が」と本書の惹句はいう。もちろんマルクスの有名な言葉のもじりだが、新聞記者として原発問題を精力的に取材してきた著者のホンネだろう。

 経産省の指導のもとで東電と自民党、原発の地元利権族、そして大手マスコミから元東大総長ら文化人までが「原子力ムラ」を形成し、CO2問題を隠れミノにして原発を聖域化してきた。過去の記事をまとめたものだけに、その都度の各関係者へのインタビューも豊富。著者自身の怒りと悲しみも伝わってくる。


画像


「『反戦・脱原発リベラル』はなぜ敗北するのか」浅羽通明著(筑摩書房 +税860円)


「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書)
筑摩書房
浅羽 通明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか [ 浅羽通明 ]
楽天ブックス
ちくま新書 浅羽通明 筑摩書房発行年月:2016年02月08日 ページ数:265p サイズ:新書 I


楽天市場 by 「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか [ 浅羽通明 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか【電子書籍】[ 浅羽通明 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
安保関連法を成立させ、原発再稼働を進める自公政権。十万人以上を官邸前へ国会へ集めても勝てなかったデモ


楽天市場 by 「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか【電子書籍】[ 浅羽通明 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 自称「冷や水かけて話の腰を折る冷笑家」という評論家のリベラル批判。問答形式で反安保法制デモで名を上げた「SEALDs」のほか高橋源一郎、小熊英二ら近ごろのリベラル知識人を片っぱしからやり玉に挙げる。デモでラップ調のコールを叫ぶだけでは法案阻止の目的を達成できないのが明白なのにデモだけで満足するのは「デモ充」だとバッサリ。反対を唱えるだけのリベラル、デモの不発すら認められない態度も幼稚という。

 リベラルの反論が待たれる話題の書。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0