話題の9頭身美女・朝比奈彩が開脚グラビアでリオ五輪に刺激!「私、心も体も体育会系です」

話題の9頭身美女・朝比奈彩が開脚グラビアでリオ五輪に刺激!「私、心も体も体育会系です」
[週プレNEWS2016年08月09日]

http://wpb.shueisha.co.jp/2016/08/09/69630/


画像



リオ五輪が徐々に盛り上がりを見せる中、発売中の『週刊プレイボーイ』34・35合併号ではアスリート美女タレント4人が登場。

水着と競技ユニフォームに着替え、陸上(朝比奈彩)、ゴルフ(稲村亜美)、バスケットボール(大沢ひかる)、水泳(宮河マヤ)の各オリンピック種目にグラビアで挑戦。

普段は見せることのない彼女たちの躍動感あふれる姿は、美しさと健康的なセクシーさが満点! スポーツファンもグラビアファンも必見の仕上がりとなっている。

そんな中から今回は朝比奈彩を直撃。バラエティで笑顔を振りまき、グラビアでは抜群の9頭身ボディを見せる彼女だが、実は陸上歴10年、高校時代は県大会8位を記録したというアスリート。今回のグラビアではハードルを颯爽(さっそう)と凛々(りり)しく跳んでいるが、その撮影の裏話から陸上への想いなどを語ってもらった!

―今回のアスリートグラビア、実にキマってますね~! なんだかスポーツブランドの広告みたいです!

朝比奈 ホント! めっちゃカッコいいですよね! 自分じゃないみたいです(笑)。

―元々、朝比奈さんは陸上をやってたんですよね。

朝比奈 小3から高3まで10年間やってました。だから今回の撮影はかなり気合いが入りましたよ!

―おーっ!

朝比奈 私の種目は短距離と走り幅跳びとリレーで、ハードルはやってなかったんですけど、スパイクを履いたら昔の感覚が蘇ってきちゃって。ちゃんと撮りたいから相当、跳びましたもん!

―相当って、どれくらい?

朝比奈 え~と、50じゃきかないです。

―えっ~そんなに!?

朝比奈 はい。1回跳んで戻って、1回跳んで戻ってを何度も繰り返して…。スタジオだったんで、助走できなかったんですよ。だからちゃんと跳ぶのが難しくて。頭の位置、脚の形、表情…いろんなところをチェックして、納得いくまで撮ってもらいました。

―時間も相当、かかったんじゃないですか?

朝比奈 予定を1時間以上押しちゃって。その後、別の仕事があったんですけど、本当にギリギリでした。

―すごいこだわりですね。スタッフも驚いたのでは?

朝比奈 もしかしたらそうかも(笑)。でも私、陸上に関しては手を抜きたくないんですよね。絶対に。


画像


そこまで大好きなんですね。そもそも陸上を始めたきっかけは?

朝比奈 お母さんが陸上部だったんで、自分もやりたくて。あと、私、小さい頃から男子にも負けないくらい脚が速かったんです。

―小学校まで毎日、淡路島の島内を片道50分かけて通ってたんですよね。それで自然に脚力がついたとか?

朝比奈 それはありますね。でも中学に入ったら、それまで一番だったのがビリで。相当悔しかったんで、毎日がむしゃらに練習しました。それでそのまま高校までって感じですね。

―本気で打ち込んだと。

朝比奈 必死でした。高1の時からキャプテンをやってたから尚更、頑張ったし。高校では短距離で県大会8位までいきましたね。

―髪もショートカットにして、気合い十分だったとか。

朝比奈 日焼けもしてたし、少年って感じでした(笑)。中学の頃は先生が厳しくて、伸ばすと怒られるんですよ。コンマ1秒でも遅れると、髪が長いせいだ、重さがあるんだから切れって。みんな少しでも速くなりたいから切ってました。

―それもまたすごいですね。大会では緊張しなかった?

朝比奈 しなかったです。私、池田久美子さんが好きで。

―北京五輪にも出た、走り幅跳びの選手ですよね。

朝比奈 池田さんって、走る前、観客に手拍子を求めて、みんなに手拍子される中、跳ぶんです。それがカッコよくて。私もそれをやりたくて大会に出てましたから。緊張はしなかったです(笑)。

―当時から注目を集めたかったと(笑)。では一番の思い出は?

朝比奈 高3の最後の大会で100メートルが12秒8、幅跳びが5メートル30と、自己ベストが出たこと。幅跳びは着地の仕方を変えたりしてみっちりやったんです。だからすごく嬉しくて。大泣きしましたよ!

―それにしてもバラエティで笑顔を振りまいたり、セクシーなグラビアを披露してる朝比奈さんが、そこまで体育会系だとは思わなかったです。

朝比奈 いえいえ。私、心も体も体育会系です(笑)。


画像


リオ五輪が始まってますけど、陸上は見ます?

朝比奈 見ちゃいますよね。どこに行ってもTVで流れてるし。

―注目しているのは?

朝比奈 短距離の桐生祥秀選手ですねー。

―日本人初、100メートル10秒を切れるかと言われてて。

朝比奈 そう! もう考えられないですよ! 凄すぎです! 当日はきっと食い入るように見ちゃいます。

―もう一度、陸上をやってみたいとか思わないんですか?

朝比奈 武井壮さんにそれだけのタイムが出たんなら、もう一度ちゃんとやったほうがいいなんて言われましたけど(笑)、本気でとは思わないです。10年頑張ったし、自己ベストも出たし、自分の中では満足で。たまに公共の陸上競技場で走りはするけど、今はモデルやタレント、グラビアなど現在の仕事に打ち込みたいですね。

―ちなみに、理想の男性もやっぱりスポーツマンがいいですか?

朝比奈 どうでしょう(笑)。もちろんお互い理解できる部分はあると思うけど、スポーツをやる人って我の強い人が多いじゃないですか。だからぶつかっちゃう気がして。体育会系だったら、相手は(運動部の)マネージャーさんのような方がいいかも。職種だったら銀行員のような方がいいです(笑)。

―確かに我を押し通すことなく、穏やかなイメージがあります(笑)。では最後に朝比奈さんが、陸上を通して学んだことは?

朝比奈 努力したらその分だけ返ってくるってことですね。陸上ってシンプルな競技だから練習量がそのまま記録につながるんです。コンマ1秒でも1ミリでも、努力が数字になって現れてくる。それが面白くてずっとやってたのもあるし。

頑張ったのに途中でもういいやって、諦めちゃう人っていますけど、私は陸上をやってた経験があるから、諦めずにやり続けられるのはあります。これからも努力を重ねて、いいお仕事ができるよう頑張りたいですね。

■朝比奈彩のグラビアが掲載されている『週刊プレイボーイ』34・35合併号(8月8日発売)は絶賛発売中!


週刊プレイボーイ 2016年 8/29 号 [雑誌]
集英社
2016-08-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊プレイボーイ 2016年 8/29 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



集英社/週刊プレイボーイ 2016年8月22日・29日合併号
ココデカウ
※数量限定のため、ご注文のタイミングにより、ご注文受付後に在庫切れがわかった場合はキャンセルさせてい


楽天市場 by 集英社/週刊プレイボーイ 2016年8月22日・29日合併号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(取材・文/大野智己、撮影/スエイシナオヨシ、インタビュー撮影/武田敏将)


画像


画像


画像


画像


画像


画像


■朝比奈彩(ASAHINA AYA)
1993年10月6日生まれ 兵庫県出身 身長170cm B80 W58 H83 血液型=O型
○ファッション誌『Ray』の専属モデル。『PON!』(日本テレビ系、毎週月曜~木曜10:25~)水曜レギュラー、『美マッスル on the Beach―いい女をつくる夏・2016―』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)、『チャリダー☆』(NHK BS1、毎週土曜18:00~)、『週末めとろポリシャン♪』(TOKYO MX、毎週土曜11:00~)、『FUJIYAMA FIGHT CLUB』(フジテレビ系、毎週金曜 25:25~)、ラジオ『ちょこっとやってまーす! 』(MBSラジオ、毎週土曜24:30~)に出演中。公式Twitterもチェック【@Asahina18A】