【書評】  花と樹木と日本人 有岡利幸 著 (八坂書房・2916円)

【書評】
花と樹木と日本人 有岡利幸 著 (八坂書房・2916円)
東京新聞2016年10月30日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2016103002000181.html


画像


◆梅は香りを尊ぶ文化

「花と樹木と日本人」 有岡利幸著(八坂書房 2,916円税込)


画像



花と樹木と日本人
八坂書房
有岡 利幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花と樹木と日本人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



花と樹木と日本人 [ 有岡利幸 ]
楽天ブックス
有岡利幸 八坂書房発行年月:2016年09月 ページ数:317p サイズ:単行本 ISBN:9784


楽天市場 by 花と樹木と日本人 [ 有岡利幸 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年09月22日頃
著者/編集: 有岡利幸
出版社: 八坂書房
サイズ: 単行本
ページ数: 317p
ISBNコード: 9784896942262

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
水田稲作文化と深い関わりを持つという梅、桜、松、柳。高貴な花色の椿。若葉と紅葉を楽しむ楓。木材や蔓の利用で日本の木の文化を代表する杉と藤。-それらの木々に咲く花はまた、いにしえより日本人の心を捉え、愛されてきた。植物文化史研究の第一人者が、代表的な樹木を取り上げ、語源や利用、園芸、花見まで、日本人との関わりの歴史を探る。図版多数。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 東風吹かば
第2章 絶えて桜のなかりせば
第3章 杉板と日本文化
第4章 松はむかしの友
第5章 柳青める
第6章 椿花咲く
第7章 楓と紅葉
第8章 藤布を織る
第9章 樹木と人の生活小史

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
有岡利幸(アリオカトシユキ)
1937年、岡山県生まれ。1956~93年まで、大阪営林局にて、国有林における森林の育成・経営計画業務などに従事。1973~2003年3月まで近畿大学総務部に勤務。2003年4月~2009年まで(財)水利科学研究所客員研究員。1993年第38回林業技術賞受賞。著書『松と日本人』1993(人文書院、第47回毎日出版文化賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[評者]高橋千劔破(ちはや)=文芸評論家

 日本は四季折々の自然に恵まれた山国で、山々の多くは樹木に覆われている。そして雨の多い国土に生育する樹木は、再生率がきわめて高い。樹木の恩恵なくして、日本の文化は成立しなかった。

 本書は多数の樹木の中から花木と建材の計八種を選び、その樹木と日本人がどのように関わり、それらが文学や文化の中でどう表現されてきたかを述べる。

 全九章のうち、第一章は梅を取り上げる。梅は三世紀の『魏志倭人伝』に早くもその名が見え、『万葉集』には梅を詠んだ歌が一二七首もあるという。さらに『古今和歌集』には二八首が収められているが、その多くは、梅を花木として愛(め)でるのではなく、その香りを愛したものという。たとえば、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)の「月夜にはそれとも見えず梅の花香をたづねてぞ知るべかりける」や、紀貫之の「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」などがよく知られている。

 また『源氏物語』には「梅の香も御簾(みす)の内の匂ひに吹き紛ひて…」云々(うんぬん)と出てくる。『枕草子』には「濃きも薄きも、紅梅」と、その美しさを称(たた)えた描写があり、菅原道真の「東風(こち)ふかばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春をわするな」にまつわるエピソードも紹介される。

 さて、第二章以下はどんな樹木が紹介されているのか。関心を持たれた方は、ぜひ本書をお読みいただきたい。

<ありおか・としゆき> 1937年生まれ。植物研究者。著書『桜』『梅』『欅』など。

◆もう1冊 

 中尾佐助著『花と木の文化史』(岩波新書)。世界の花の歴史をたどるとともに、日本の園芸文化の独自性を解説。


花と木の文化史 (岩波新書)
岩波書店
中尾 佐助

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花と木の文化史 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



花と木の文化史 [ 中尾佐助 ]
楽天ブックス
黄版357 中尾佐助 岩波書店発行年月:1986年11月 ページ数:224p サイズ:新書 ISBN


楽天市場 by 花と木の文化史 [ 中尾佐助 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0