【社説】  共謀罪 内心の自由を脅かす     東京新聞 2017年1月14日

【社説】
共謀罪 内心の自由を脅かす
東京新聞 2017年1月14日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017011402000173.html

 話し合っただけで罪に問われる-。それが共謀罪の本質だ。準備行為で取り締まりができるテロ等組織犯罪準備罪の法案が通常国会に提出される予定だ。内心の自由を脅かさないか心配になる。

 「行為を取り締まるのではなく、思想を取り締まるものだ」-。戦前の帝国議会である議員が治安維持法についてこんな追及をしたことがある。明治時代に刑法ができたときから、行為を取り締まるのが原則で、例外的に共謀や教唆、未遂なども取り締まることができた。

 治安維持法はこの原則と例外を逆転させて、もっぱら思想を取り締まった。共謀罪も原則と例外の逆転の点では似ている。

 犯罪の準備段階で取り締まる罪は実に六百七十六にものぼる。詐欺や窃盗でも対象になる。道交法違反なども含まれる。では、それらの犯罪の「準備」とは具体的にどういう行為なのだろうか。六百七十六の罪でその定義をするのは、ほとんど困難であろう。

 むしろ、共謀罪を使って、捜査機関が無謀な捜査をし始めることはないのか。そもそも共謀罪は国際的なマフィアの人身売買や麻薬犯罪、マネーロンダリング(資金洗浄)などをターゲットに国連が採択した。

 それら重大犯罪には既に日本の法律でも対処することができる。政府は新設を求めるが、もう国内法は整っているのだ。日弁連によれば、国連はいちいちそれらをチェックすることはないという。つまり共謀罪を新設しなくても条約締結は可能なのだ。

 政府はむしろ二〇二〇年の東京五輪を念頭にテロ対策強化の看板を掲げている。だが、この論法もおかしい。例えばテロリストが爆弾を用いる場合は、企んだ段階で処罰できる爆発物使用共謀罪が既に存在する。テロは重大犯罪なので、法整備も整っているわけだ。政府は「テロ」と名前を付ければ、理解が得やすいと安易に考えているのではなかろうか。

 合意という「心の中」を処罰する共謀罪の本質は極めて危険だ。六百以上もの犯罪の「準備」という容疑をかけるだけで、捜査機関は動きだせる。「デモはテロ」と発言した大物議員がいたが、その発想ならば、容疑をかければ、反政府活動や反原発活動のメンバーのパソコンなどを押収することもありえよう。

 共謀罪は人権侵害や市民監視を強めるし、思想を抑圧しかねない性質を秘めているのだ。

「デモ」=「テロ」発言、石破茂氏の本音
朝日新聞web論座2013年12月04日

http://webronza.asahi.com/politics/themes/2913120300002.html


画像

会見で記者の質問を聞く自民党の石破茂幹事長=2013年12月3日、国会内

 自民党の石破茂幹事長が、特定秘密保護法案に対する国会周辺でのデモ活動について、「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」とブログに書いた。猛烈な批判を受けて、その文章を訂正したが、そこでは「大音量で自己の主張を述べる手法」は、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」とも述べている。彼の「あるべき民主主義」像とは何なのだろうか。今回の発言には、特定秘密保護法に対する彼の本音と民主主義への無理解がはからずも露呈した。

「安倍でもわかる政治思想入門」 適菜収著(ベストセラーズ 1,404円税込)


画像



安倍でもわかる政治思想入門
ベストセラーズ
適菜 収

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安倍でもわかる政治思想入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



安倍でもわかる政治思想入門 [ 適菜収 ]
楽天ブックス
適菜収 ベストセラーズBKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年11


楽天市場 by 安倍でもわかる政治思想入門 [ 適菜収 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年11月15日頃
著者/編集: 適菜収
出版社: ベストセラーズ
サイズ: 単行本
ページ数: 188p
ISBNコード: 9784584137598

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現在、安倍政権を支持しているのは、利権がある連中か、単なる反左翼の思考停止した連中(保守系論壇誌に多い)か、新自由主義を保守と勘違いしているバカか、改革幻想に踊らされた花畑である。戦後の幻想の平和に酔っている「戦後民主主義者」と安倍支持者は同類。幻想のリアルポリティクス(実態は売国・壊国)に酔っているだけで、平和ボケであることに変わりはない。バカは敵を間違えて取り返しがつかないことになる。今、保守および真っ当な日本人が戦わなければならないのは、民進党でも共産党でも朝日新聞でも日教組でもない。国の根幹を破壊し続ける安倍政権である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 安倍晋三の見識
第2章 安倍晋三の政治力
第3章 安倍晋三の歴史観
第4章 安倍晋三の憲法理解
第5章 安倍晋三の人間性
第6章 安倍晋三の経済政策

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
適菜収(テキナオサム)
1975年山梨県生まれ。作家。哲学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0