民進除く3党は本気 野党共闘で97選挙区に“逆転”の可能性

民進除く3党は本気 野党共闘で97選挙区に“逆転”の可能性
日刊ゲンダイ2017年1月6日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/196959


画像

問題はこの人…(C)日刊ゲンダイ

「本気の共闘態勢をつくることができれば、安倍政権を退陣に追い込むことは十分可能だ」(共産党・志位委員長)

「野党がバラバラでは安倍政治の暴走を止めることはできない」(社民党・吉田党首)

 仕事始めの4日、野党党首2人が解散・総選挙での共闘の必要性を力説した。共産党は新しいポスターも4日発表。「力あわせ」の文字とともに、志位委員長が「結束」を意味する手話のポーズだ。昨年の党名変更直後に作った小沢自由党のポスターにも「結集」の文字が入っている。共産・社民・自由の共闘への意気込みは並々ならぬものがあるのだが、問題は蓮舫民進党がこれにどこまで真剣に向き合うか、である。

 4日の毎日新聞が1面で〈野党協力で逆転58区〉と書いていた。2014年衆院選の結果に基づいて試算したもので、〈民進、共産、自由、社民4党が候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で与党の現職を逆転する可能性がある〉としている。

■自公ギクシャクで激増

 だが、逆転はこんなものじゃ済まないのではないか。実際、都議会やカジノ法案を巡る対応で自公の関係がギクシャクしている。各小選挙区に2万~3万票とされる創価学会票が自民党にソッポを向けば、5000票や1万票なんてあっという間にひっくり返る。14年衆院選のデータでは、野党一本化候補と与党現職との差が5000票以内は18選挙区、1万票以内なら、さらに21区追加で39選挙区ある。つまり、毎日の試算した58区に39を足すと、逆転は97区にまで増えるのである。大島理森衆院議長、石原伸晃経済再生担当相、河井克行首相補佐官らが敗北危機だ。

 選挙予想に定評のある政治評論家・野上忠興氏がこう言う。

「昨夏のダブル選挙にしろ、年末年始選挙にしろ、与党が勝てるなら安倍首相は解散に踏み切ってますよ。安倍首相にとっての勝敗ラインは最低でも改憲勢力で3分の2確保です。そのハードルが越えられそうになければ解散を打てないわけです。自民党は現段階でも今より最低20議席、最大40議席減らすと分析している。衆院選が今夏以降になり、野党がじっくり腰を据えて共闘を協議できれば、私は自民の50議席減が現実になる可能性があるとみています」

 蓮舫氏は4日、「野党共闘は政策重視」との考えを示し、共闘に対しては相変わらずグズグズだ。政策と言うのなら「脱原発」や「立憲主義を守る」など4党で一致できるものは確実にあるし、共闘すれば暴走政権をストップさせられるのはデータで明らか。いよいよ民進党の本気度が問われている。

「デモ」=「テロ」発言、石破茂氏の本音
朝日新聞web論座2013年12月04日

http://webronza.asahi.com/politics/themes/2913120300002.html


画像

会見で記者の質問を聞く自民党の石破茂幹事長=2013年12月3日、国会内

 自民党の石破茂幹事長が、特定秘密保護法案に対する国会周辺でのデモ活動について、「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」とブログに書いた。猛烈な批判を受けて、その文章を訂正したが、そこでは「大音量で自己の主張を述べる手法」は、「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」とも述べている。彼の「あるべき民主主義」像とは何なのだろうか。今回の発言には、特定秘密保護法に対する彼の本音と民主主義への無理解がはからずも露呈した。

「安倍でもわかる政治思想入門」 適菜収著(ベストセラーズ 1,404円税込)


画像



安倍でもわかる政治思想入門
ベストセラーズ
適菜 収

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安倍でもわかる政治思想入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



安倍でもわかる政治思想入門 [ 適菜収 ]
楽天ブックス
適菜収 ベストセラーズBKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年11


楽天市場 by 安倍でもわかる政治思想入門 [ 適菜収 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年11月15日頃
著者/編集: 適菜収
出版社: ベストセラーズ
サイズ: 単行本
ページ数: 188p
ISBNコード: 9784584137598

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
現在、安倍政権を支持しているのは、利権がある連中か、単なる反左翼の思考停止した連中(保守系論壇誌に多い)か、新自由主義を保守と勘違いしているバカか、改革幻想に踊らされた花畑である。戦後の幻想の平和に酔っている「戦後民主主義者」と安倍支持者は同類。幻想のリアルポリティクス(実態は売国・壊国)に酔っているだけで、平和ボケであることに変わりはない。バカは敵を間違えて取り返しがつかないことになる。今、保守および真っ当な日本人が戦わなければならないのは、民進党でも共産党でも朝日新聞でも日教組でもない。国の根幹を破壊し続ける安倍政権である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 安倍晋三の見識
第2章 安倍晋三の政治力
第3章 安倍晋三の歴史観
第4章 安倍晋三の憲法理解
第5章 安倍晋三の人間性
第6章 安倍晋三の経済政策

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
適菜収(テキナオサム)
1975年山梨県生まれ。作家。哲学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)