国有地購入は「第六感」 森友学園理事長がラジオで大放言

国有地購入は「第六感」 森友学園理事長がラジオで大放言
日刊ゲンダイ2017年2月22日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/200050


画像

グラウンド部分は「触ってない」と籠池理事長(C)日刊ゲンダイ

 大阪府豊中市の国有地が、日本会議の幹部が理事長を務める学校法人「森友学園」にタダ同然で払い下げられていた問題で、渦中の籠池泰典理事長が20日、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」に電話で生出演。約1時間にわたって、仰天発言を繰り広げた。

 まず、一連の報道について、土地の売却額について情報公開請求をした豊中市の木村真市議を「無所属のようですけど、新左翼」と決めつけ、木村市議が自分の名前を売るために、問題を最初に報じた朝日新聞など「保守でないマスコミ」と結託して、「日本の国を高めていこうとする学校の建設を潰そうとしている」と主張。南京大虐殺や慰安婦問題まで持ち出して、新左翼と朝日新聞の悪口に多くの時間を費やした。

 肝心の土地取引の経緯については、借地の段階から価格についての見積もりも何もなく、何と「第六感」で購入を決めたと説明した。隣の国有地が14億円超で売却されているのに、見積もりも予算もなく取得に手を挙げるなんて、なかなかブッ飛んでいる。

「その土地がいくらするのかということは、そこまで考えていなかった」

「金額的なものから言いますと、やっぱり高いと思いました」

■「私は悪いこと何もしておりません」

 土地購入は財政的に無理だと諦め、10年間の定期借地契約で小学校の建設を始めたのだが、工事を進めていくと、埋蔵物が見つかった。

「(土地を掘って)悪いもんが出てきたから、『ちょっと安くしてくれるんではないか』と」

「第六感が働きましてね。これはちょっとなんや、賃借料にしたらかなり安くなると」

「これも自分の第六感ですが、それやったら、国の方が指示してくれる金額で購入さしていただきましょうかという感じを持ちましたですね」─―。

 理事長の“第六感”通り、国有地の鑑定評価9億5600万円からゴミの撤去費として約8億円が控除され、格安で手に入ったわけだ。だが、実際のゴミ処理にいくらかかったのか問われると、「全然、まだ存じ上げておりません」。しかも、ゴミを撤去したのは建物部分だけだという。グラウンド部分は「そのままでいいんです」「触ってないんだから。そこにお金がかかることはありません」と断言。8億円もの控除は必要なかったと、自ら認めるような発言である。

 国会で説明する可能性については、「そんなん、呼ばれるような立場ではありません。私は悪いこと何もしておりませんので。民主主義の国ですよ。独裁国家ではないんです」と被害者意識丸出しだったが、民主主義の国だからこそ、国有財産の売却経緯には透明性が求められる。疑惑を払拭したいなら、ラジオで好き勝手言ってないで、公の場で説明すべきだろう。








ディズニープリンセスと幸せの法則 (星海社新書)
講談社
荻上 チキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ディズニープリンセスと幸せの法則 (星海社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか [ 荻上チキ ]
楽天ブックス
絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想 幻冬舎新書 荻上チキ 幻冬舎発行年月:2012年11月 ページ数


楽天市場 by 僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか [ 荻上チキ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ネットいじめ [ 荻上チキ ]
楽天ブックス
ウェブ社会と終わりなき「キャラ戦争」 PHP新書 荻上チキ PHP研究所BKSCPN_【1609PH


楽天市場 by ネットいじめ [ 荻上チキ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル