「100万円ミラーレス」は本格派に選ばれるか 後発組の富士フイルムがカメラ市場に"一石"

「100万円ミラーレス」は本格派に選ばれるか
後発組の富士フイルムがカメラ市場に"一石"
遠山 綾乃 :東洋経済 記者
東洋経済ONLINE2017年03月22日

http://toyokeizai.net/articles/-/162629


画像

富士フイルムの「GFX 50S」は、カメラ市場のあり方を変えることができるか(撮影:尾形文繁)

2月28日に、富士フイルムから約100万円の超高額ミラーレスカメラ「GFX 50S」(以下GFX)が発売された。1月19日に開かれた発表会には、古森重隆代表取締役会長・CEOも出席。会場には本社のある東京から遠く離れた京都の二条城があえて選ばれた。

二条城といえば15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行った場所。ハイエンドカメラといえば「フルサイズのイメージセンサーが取り付けられた一眼レフ」というのがこれまでの常識だが、「その状況に一石を投じたい」(飯田年久・光学・電子映像事業部長)という願いを、政治支配体制が変わった大政奉還と重ね合わせたという。

GFXの特長は、付属バッテリー、メモリーカードを含んだ本体が約825グラムと、プロ向け一眼レフの半分程度の重さにもかかわず高画質を実現した点だ。画質を決めるポイントとなるイメージセンサーは、フルサイズ(36ミリ×24ミリ)を上回る中判サイズ(43.8ミリ×32.9ミリ)を採用した。イメージセンサーが大きいほど光を多く取り入れられ、より解像度の高い写真を撮影できる。

「開発でいちばん苦労したのは、中判サイズの大きいイメージセンサーを使用しつつ、いかに小型・軽量にするかという点だった」と飯田氏は話す。本体を小さくするためには光を集める部分も小さくしたいが、レンズ部分にあるイメージセンサーには斜めから光が入ってはいけない。隅々まで光が真っすぐ入るようにするためイメージセンサー部分の形状を変え、少し傾けることで効率よく光を集めるようにしたという。

■山岳カメラマンから高評価

製品ができ上がると、発売前にプロに貸し出して感想を聞いた。すると特に山岳カメラマンの間で評価が高かった。小型・軽量で持ち運びが容易な点に魅力を感じたようだ。ほかにポートレートの撮影を専門とするプロにも受けがよかった。富士フイルムのカメラは、もともと肌の色合いをきれいに出すことを得意とするが、イメージセンサーのサイズを従来製品より大きくしたことで、より細やかな表現ができるようになった。

このカメラはプロやアマチュアながら本格的なカメラ愛好家などが対象となる。特にプロに対しては、カメラの性能だけではなく、代替機の貸し出しやメンテナンスなどのサポート体制を充実させることが重要だ。たとえばキヤノンやニコンは、スポーツ大会中にプロの持つカメラが故障した際に同じ機種を貸し出すことで、円滑に仕事を行える体制を長らく敷いてきた。

一方、ミラーレス市場への参入が2012年と後発組の富士フイルムは、2016年4月に世界中でプロサポートを開始したばかり。現在は代替機や機材の貸し出し、メンテナンスなどを行っているが、まだキヤノンやニコンほど充実しておらず、サポート体制の拡充を計画中だ。

またカメラ愛好家向けには、とにかくGFXを触ってもらう機会を増やしていく。同社は東京、大阪、福岡にカメラのサービスセンターを構えており、大阪は今年1月に場所を移してリニューアルオープンしたばかりだ。そこでは修理だけではなく、カメラに触れてもらう「ビフォアサービス」にも力を入れる。また3都市以外の場所については出張サービスも行っている。


画像

カメラ展示会「CP+」ではGFXを体験するために多くの人が並んだ(撮影:尾形文繁)

課題は他社の商品をすでに持っている人に対し、どのようにアプローチしていくのかという点だ。同社は、たとえばプライベートや仕事の一部で富士フイルムの軽量なミラーレスを使用していたプロが、仕事用として本格的にGFXを使用するようになるといった流れなどを想定している。そのために、まだ3本しかないGFX向けのレンズも今年中にあと3本拡充し、その後も増やしていく方針だ。

今年2月下旬に開催されたアジア最大のカメラ展示会「CP+」では、GFXを手に取って体験できるタッチアップに長蛇の列ができた。待ち時間は最長で80分にも及んだという。

■一眼レフにキャッチアップも

ミラーレスが登場した当時は「コンパクトデジタルカメラよりもきれいな写真を撮れる」という位置づけだった。一眼レフと比べると軽いのが強みだが、スポーツの場面など動きの速い被写体を撮影するには、今でも一眼レフが優位とされる。

しかし飯田氏は、「これまで当社は2年置きにセンサーとプロセッサーのハードを進化させている。高速処理ができるようになることにより、もう1世代で一眼レフに追いつく」と自信を見せる。2017年の一眼レフ全体の生産台数の見通しは756万台と前年比11.2%減に沈むのに対し、ミラーレスは同13.5%増の396万台と追い上げる(テクノ・システム・リサーチ調べ)。ミラーレスが一眼レフの牙城を崩すときが来るかもしれない。


FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 ボディ GFX 50S
富士フイルム
2017-02-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 ボディ GFX 50S の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



フジフイルム GFX 50S 《納期約1週間》
カメラのキタムラ
  【製品特徴】■中判サイズの大型CMOSセンサーと80年以上の歴史を持つ富士フイルムの色再現技術の


楽天市場 by フジフイルム GFX 50S 《納期約1週間》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0