ニ子玉川情報センター 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「長寿の嘘」柴田 博著(ブックマン社 1,620円税込)

<<   作成日時 : 2018/10/23 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「長寿の嘘」柴田 博著(ブックマン社 1,620円税込)


画像


コレステロール値が低い方が良い?魚より肉は悪い?卵は1日1個まで?BMI値は22が理想的??などなど、巷にはびこる情報をそのまま鵜呑みにしていては「長生き」出来ません!医学博士の著者が従来型の常識に対し、エビデンスから求めた「長生きするための新常識」を語る。


長寿の嘘
ブックマン社
2018-09-10
柴田 博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



長寿の嘘 [ 柴田 博 ]
楽天ブックス
柴田 博 ブックマン社チョウジュノウソ シバタヒロシ 発行年月:2018年09月06日 予約締切日:


楽天市場


商品基本情報
発売日: 2018年09月06日
著者/編集: 柴田 博
出版社: ブックマン社
発行形態: 単行本
ページ数: 268p
ISBNコード: 9784893089076

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
コレステロールは低いほうがいい。魚は良くて肉はダメ?卵は1日1個まで。BMI22が理想的…全部、嘘でした。間違いだらけの長寿・健康学にメスを入れる、医学博士渾身の一冊。真のエビデンスに基づいた、「長生きの新常識」とは?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 粗食美談の嘘ー正しい養生法のすすめ
日本はいつから食養生を間違えたのか
肉食のタブーはいつから始まったか?
正しい不養生とは何か?
第2章 やせ信奉の起源と流行ー正しい養生法のすすめ
誤った養生法の内容
誤った養生法の起源と流行
日本人の体格に関する正しい不養生
第3章 “コレステロールバイ菌説”の嘘
なぜ、コレステロールは悪者になったのか?
“コレステロールバイ菌説”の起源と流行
正しい不養生のすすめ
第4章 高齢社会を元気で生き抜くために
誤った老年医学の内容
誤った老年医学の起源と流行
健康寿命の正しい延ばし方

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柴田博(シバタヒロシ)
医学博士。日本老年医学会老年病指導医・専門医。桜美林大学名誉教授・招聘教授。(特養)町田誠心園最高顧問、日本応用老年学会理事長、HSOA Journal of Gerontology & Geriatric Medicine編集委員。1937年北海道生まれ。1965年北海道大学医学部卒業。東京大学医学部第4内科医員、東京都老人総合研究所(現東京都健康長寿医療センター研究所)副所長、現名誉所員、桜美林大学大学院老年学教授、人間総合科学保健医療学部長を経て、現職。学際的老年学の研究と教育を一貫して続けてきた。東京都知事賞、日本文化振興会社会文化功労賞、国際学士員(LAE)会員などを受賞。日本老年学会・日本老年社会科学会名誉会員、日本老年医学会特別会員、ほか3つの学会役員、5つの公益財団法人の役員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「長寿の嘘」柴田 博著(ブックマン社 1,620円税込) ニ子玉川情報センター /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる