テーマ:書籍・書評

「大人の男のこだわり野遊び術」本山賢司、細田充、真木隆著(山と溪谷社 930円)

「大人の男のこだわり野遊び術」本山賢司、細田充、真木隆著(山と溪谷社 930円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月23日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143584 <自然の中で飲む酒の幸せ> 「大人の男のこだわり野遊び術」(ヤマケイ文庫)本山賢司、細田充著(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『作曲は鳥のごとく』吉松隆著(春秋社 2625円)…吉松隆氏「代表作の元ネタはピンクフロイド」と告白

作曲家・吉松隆氏「代表作の元ネタはピンクフロイド」と告白 NEWSポストセブン2013.07.04 16:00 http://www.news-postseven.com/archives/20130704_197511.html 【書評】『作曲は鳥のごとく』吉松隆/春秋社/2625円 【評者】井上章一(国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マッコリの正体」ホ・シミョン著、中村唯訳(亜紀書房 1680円)

「マッコリの正体」ホ・シミョン著、中村唯訳(亜紀書房 1680円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月1日 掲載 <乳酸菌や必須アミノ酸も豊富なマッコリの魅力>  韓国の伝統的な醸造酒であるマッコリ。近年の韓国ではビールや焼酎に押されて出荷量が伸び悩んでいるというが、日本人にとっては韓国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「改憲と国防」柳澤協二、半田滋、屋良朝博 著(旬報社 1470円)

「改憲と国防」柳澤協二、半田滋、屋良朝博著(旬報社 1470円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年7月1日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143194 「改憲と国防」柳澤協二、半田滋、屋良朝博 著(旬報社 1470円) 改憲と国防 混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「だって、自転車しかないじゃない」疋田智著(朝日新聞出版 819円)

「だって、自転車しかないじゃない」疋田智著(朝日新聞出版 819円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年6月18日 掲載 <自転車は「神の乗り物」>  ブームの火付け役のひとりによる自転車エッセー。  ブームの広がりと共に「暴走自転車」など、路上でのあつれきを生む一方で、行政の無理解による無策が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「統計学が最強の学問である」西内啓著(ダイヤモンド社 1680円) 

「統計学が最強の学問である」西内啓著(ダイヤモンド社 1680円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月16日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/141963 <21世紀を生き抜くための統計リテラシー> 「統計学が最強の学問である データ社会を生き抜くた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の美女」コロナ・ブックス編集部編 (平凡社 1890円)

「日本の美女」コロナ・ブックス編集部編 (平凡社 1890円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年3月28日 掲載 <絵画に描かれた大和なでしこたちを愛でる>  美人画の数々を鑑賞しながら大和なでしこの美の本質に迫るアートブック。実は、美人画というジャンルは、西洋美術にはなく、日本固有のものだそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「秘録・日韓1兆円資金」小倉和夫著 (講談社 1785円) <30年前の日韓外交交渉の舞台裏>

「秘録・日韓1兆円資金」小倉和夫著 (講談社 1785円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年2月27日 掲載 <30年前の日韓外交交渉の舞台裏> 「秘録・日韓1兆円資金」小倉和夫著(講談社 1,785円)  元韓国大使の回想が明らかにする驚愕の現代史!    1兆円を日本からむしり取っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニグロと疲れないでセックスする方法」ダニー・ラフェリエール著、立花英裕訳(藤原書店 1680円)

「ニグロと疲れないでセックスする方法」ダニー・ラフェリエール著、立花英裕訳(藤原書店 1680円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年2月1日 掲載 <映画「間違いだらけの恋愛講座」の原作>  舞台は1980年代のカナダ・モントリオール。主人公の「おれ」と友人のブーバは共に黒人で、アパートに一緒に暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生きる悪知恵」西原理恵子著(文藝春秋 840円)

「生きる悪知恵」西原理恵子著(文藝春秋 840円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月9日 掲載 <みっともなくても、ウソをついても生き残った者が勝ち> 「生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント」(文春新書) 西原理恵子著(文藝春秋 840円) 人気漫画家の西原理恵子さんが、波瀾万丈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞2012年10月9日 自著を語る…『幕末維新変革史(上)(下)』 宮地正人さん(歴史学者)

【自著を語る】 『幕末維新変革史(上)(下)』 宮地正人さん(歴史学者、東大名誉教授) 東京新聞2012年10月9日 ◆史料と格闘 覆した定説 『幕末維新変革史(上)(下)』宮地正人著(岩波書店 各3,360円) 幕末維新変革史(上)岩波書店 宮地 正人 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞 9月11日 自著を語る…『ゴーマニズム宣言 SPECIAL脱原発論』 小林よしのりさん

【自著を語る】 『ゴーマニズム宣言 SPECIAL脱原発論』 小林よしのりさん(漫画家) 東京新聞2012年9月11日 ◆維持派の嘘 全部暴いた 『ゴーマニズム宣言 SPECIAL脱原発論』小林よしのり著(小学館 1785円) ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論小学館 小林 よし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞2012年9月18日 自著を語る…『小説 日蓮(上)(下)』 島田裕巳さん(宗教学者)

【自著を語る】 『小説 日蓮(上)(下)』 島田裕巳さん(宗教学者) 東京新聞2012年9月18日 ◆人ごととは思えぬ歩み 「小説日蓮(上)」 島田裕巳著(東京書籍 1,680円) 小説 日蓮 上巻東京書籍 島田 裕巳 Amazonアソシエイト by 小説日蓮(上) [ 島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レイ・ザ・フェイバリット」ベス・レイマー著、杉本葉子訳(小学館 810円)

「レイ・ザ・フェイバリット」ベス・レイマー著、杉本葉子訳(小学館 810円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月2日 掲載 <賭博師とその周辺の生きざま>  フロリダの更生施設で働いていた24歳のベスは、非行少女たちに懇願され脱走を黙認したため施設をクビになる。恋人とラスベガスに飛び、彼の両親が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「公開処刑人 森のくまさん」堀内公太郎著 (宝島社 680円)

「公開処刑人 森のくまさん」堀内公太郎著 (宝島社 680円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月2日 掲載 <「森のくまさん」が殺人の犯行声明>  援助交際を繰り返していたサラリーマンが惨殺体で見つかる。すぐに犯人の「森のくまさん」による犯行声明がネット上にアップされた。くまさんは、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タフガイの仕事術」フェルナンド・モンテロほか著、宮崎真紀訳 (阪急コミュニケーションズ)

「タフガイの仕事術」フェルナンド・モンテロほか著、宮崎真紀訳 (阪急コミュニケーションズ 1680円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月3日 掲載 <ヒーローに学ぶ職場でのサバイバル術>  映画やドラマのタフガイ、タフガールたちに学ぶ異色ビジネス書。  ドラマ「24」のジャック・バウアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイ2012年10月3日 著者インタビュー…「春はそこまで」志川節子氏

【著者インタビュー】 「春はそこまで」志川節子氏 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月3日 掲載 <「携帯もクルマもなかった時代の人と人との濃い気持ちを描きました」> 「春はそこまで」志川節子著 (文藝春秋 1575円) 春はそこまで 風待ち小路の人々文藝春秋 志川 節子 Amazonア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人はみな相場師 勝つための法則」鍋島高明著 (河出書房新社 1785円)

「人はみな相場師 勝つための法則」鍋島高明著 (河出書房新社 1785円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月4日 掲載 <勝つための「引き際」> 「人はみな相場師 勝つための法則」 鍋島高明著(河出書房新社 1,785円) 相場に賭ける気持ちは人類共通。樋口一葉をはじめ多くの有名人が相場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「町の忘れもの」なぎら健壱著 (筑摩書房 998円) .

「町の忘れもの」なぎら健壱著 (筑摩書房 998円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月4日 掲載 <消えていく町中のモノや風景を愛でる> 「なくなってもらいたくない物、忘れてはならない物」を求め、さまざまな町を歩いてきた著者によるフォト紀行。著者の琴線に触れ、カメラが向けられるのは、名所旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中村元の全国水族館ガイド115」中村元著(長崎出版 2100円)

「中村元の全国水族館ガイド115」中村元著(長崎出版 2100円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月5日 掲載 <全国115水族館を網羅したガイド本の決定版>  サンシャイン水族館のリニューアルを手がけた水族館プロデューサーによる水族館ガイドの決定版「中村元の全国水族館ガイド115」(中村元著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「病院で死ぬのはもったいない」山崎章郎・二ノ坂保喜著、米沢慧編 (春秋社 1890円)

「病院で死ぬのはもったいない」山崎章郎・二ノ坂保喜著、米沢慧編 (春秋社 1890円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月5日 掲載 <在宅ホスピスに取り組む現場から提言>  1990年に出た山崎章郎の「病院で死ぬということ」は、一般医療現場での末期患者の悲惨さを訴え、多くの人の共感を得た。山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「洋食屋から歩いて5分」片岡義男著 (東京書籍 1365円)

「洋食屋から歩いて5分」片岡義男著 (東京書籍 1365円) . 【書籍・書評】 東京新聞2012年10月5日 掲載 <食と結びついた鮮やかな記憶の数々>  仕事場にしていた喫茶店の片隅で飲んだ一杯のコーヒー、エルビス・プレスリーの歌を聴きながらハワイで口にしたサンドイッチ、親友と一緒に食べたレモン味の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「狼の群れと暮らした男」ショーン・エリスほか著、小牟田康彦訳 (築地書館 2520円)

「狼の群れと暮らした男」ショーン・エリスほか著、小牟田康彦訳 (築地書館 2520円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年10月5日 掲載 <野生の狼に魅せられた男のドキュメンタリー>  ディスカバリー・チャンネルなど、海外のドキュメンタリー番組では名を知られた存在である著者のショーン・エリス。単身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイ 気になる新刊…「<香り>はなぜ脳に効くのか」塩田清二著 (NHK出版 777円)

【気になる新刊】 「<香り>はなぜ脳に効くのか」塩田清二著 (NHK出版 777円) 【健康】 日刊ゲンダイ2012年9月24日 掲載 「〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療」(NHK出版新書)塩田清二著(NHK出版 777円) 五感の一つとして身近な感覚でありながら、科学的に未知の部分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦争を取材する」山本美香著」(講談社 1260円)…ジャーナリスト 山本美香氏による生前最後の著作

「戦争を取材する」山本美香著」(講談社 1260円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年9月24日 掲載 <ジャーナリスト 山本美香氏による生前最後の著作> 「戦争を取材する 子どもたちは何を体験したのか(世の中への扉)」 山本美香著(講談社 1,260円) 世の中への扉 戦争を取材する─子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒーローを待っていても世界は変わらない」湯浅誠著 (朝日新聞出版 1300円)

「ヒーローを待っていても世界は変わらない」湯浅誠著 (朝日新聞出版 1300円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2012年9月24日 掲載 <維新ブームは民主主義を投げ出したくなった社会の反映> 「ヒーローを待っていても世界は変わらない」 湯浅誠(社会運動家)(朝日新聞出版 1,365円) 「反貧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPP推進派の気鋭の論客が経済をコンパクトに解説した本登場…『本当の経済の話をしよう』若田部昌澄著

TPP推進派の気鋭の論客が経済をコンパクトに解説した本登場 NEWSポストセブン2012.09.27 07:00 【書評】『本当の経済の話をしよう』(若田部昌澄、栗原裕一郎/ちくま新書/987円) 【評者】森永卓郎(エコノミスト) 「本当の経済の話をしよう」(ちくま新書) 若田部昌澄、栗原裕一郎著(筑摩書房 987円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊文春 著者は語る…「空飛ぶ広報室」 有川浩著(幻冬舎 1,680円)

取り扱い商品は「航空自衛隊」! 『空飛ぶ広報室』 (有川浩 著) 週刊文春2012.09.23 07:01 著者は語る 幼い頃からの夢、ブルーインパルスに手が届くと思った瞬間、不慮の事故が空井大祐を襲った。P免(パイロット罷免)となった失意の空井が配属されたのは、空自の広報室。多士済々な面々や自衛隊不信の美人テレビディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名著が突然ランクインしたのは……「夜と霧新版」 ヴィクトル・エミール・フランクル著(みすず書房)

名著が突然ランクインしたのは…… 『夜と霧 新版』 (V・E・フランクル 著)(みすず書房 1575円) 週刊文春2012.09.26 07:00 「夜と霧新版」 ヴィクトル・エミール・フランクル著、 池田香代子訳(みすず書房 1,575円) 夜と霧 新版みすず書房 ヴィクトール・E・フランクル Ama…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more