テーマ:Book Cafe 矢来町ぐるり

正直な奇人の愉快な自伝  『奇想の発見―ある美術史家の回想―』 辻惟雄著(新潮社 2,376円税込)

正直な奇人の愉快な自伝/『奇想の発見―ある美術史家の回想―』 Book Cafe 矢来町ぐるり http://www.gruri.jp/topics/14/08061600/ 奇想の発見―ある美術史家の回想― 辻惟雄 著 「奇想の発見 ある美術史家の回想」辻惟雄著(新潮社 2,376円税込) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京三大貧民窟」出身でありながら皇族に愛された伝説の浪曲師 百回忌で再び脚光

「東京三大貧民窟」出身でありながら皇族に愛された伝説の浪曲師 百回忌で再び脚光 Book Cafe矢来町ぐるり http://www.gruri.jp/topics/14/08070930/ 俺の喉は一声千両―天才浪曲師・桃中軒雲右衛門― 岡本和明 著 「俺の喉は一声千両 天才浪曲師・桃中軒雲右衛門」岡本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラビアアイドル「安齋らら」はAV女優「宇都宮しをん」?  金返せ!

グラビアアイドル「安齋らら」はAV女優「宇都宮しをん」で金返せ! http://www.gruri.jp/topics/14/07040900/  竹久夢二描く『黒船屋』の中の儚(はかな)げなお葉(よう)は、ある時は伊藤晴雨の荒縄で縛られ苦悶する責め絵のモデルでもあった。その落差に人々は驚いたが、昨今ネットを騒がせているのは、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不登校や引きこもりの原因になることも…本当は恐ろしい「中1ギャップ」 『お母さんと一緒の読解力教室』

不登校や引きこもりの原因になることも──本当は恐ろしい「中1ギャップ」 http://www.gruri.jp/topics/14/07031130/ 子どもの学力がぐんぐん伸びる お母さんと一緒の読解力教室 二瓶弘行 「お母さんと一緒の読解力教室 子どもの学力がぐんぐん伸びる」二瓶弘行著(新潮社 1,296…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠改善のプロが教える、本当に「ぐっすり」と眠るための四つのポイント

睡眠改善のプロが教える、本当に「ぐっすり」と眠るための四つのポイント http://www.gruri.jp/topics/13/10291630/ ぐっすり。―明日のパフォーマンスを全開にする快眠処方箋60― 鍛治恵 「ぐっすり。 明日のパフォーマンスを全開にする快眠処方箋60」鍛治恵著(新潮社 1,296円税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約90%が袋とじ! でも開けたくない人、続出の“伝説の奇書”復刊

約90%が袋とじ! でも開けたくない人、続出の“伝説の奇書”復刊 http://www.gruri.jp/topics/14/02211130/ 生者と死者―酩探偵ヨギ ガンジーの透視術― 泡坂妻夫 「生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術」 (新潮文庫) 泡坂 妻夫著(新潮社 594円税込) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【書評】 「時代の子」太宰に根深く潜む主題… 『作家太宰治の誕生 「天皇」「帝大」からの解放』

【書評】 「時代の子」太宰に根深く潜む主題 『作家太宰治の誕生――「天皇」「帝大」からの解放』斉藤利彦 http://www.gruri.jp/topics/14/06021600/ 『作家太宰治の誕生――「天皇」「帝大」からの解放』斉藤利彦(岩波書店) 『作家太宰治の誕生 「天皇」「帝大」からの解放』斉藤利彦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【書評】  自身の半生を通じ無二の師の姿を描く…『師父の遺言』松井今朝子著

【書評】 自身の半生を通じ無二の師の姿を描く 『師父の遺言』松井今朝子 http://www.gruri.jp/topics/14/06041600/ 『師父の遺言』松井今朝子(NHK出版) 「師父の遺言」松井今朝子著(NHK出版 1,728円税込) !-- ウェブリブログ Amazonアソシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「支那や朝鮮に生まれなくて良かった」と書いていた文豪 (Book Cafe 矢来町ぐるり)

話題 「支那や朝鮮に生まれなくて良かった」と書いていた文豪 Book Cafe 矢来町ぐるり2014/5/26 11:30 http://www.gruri.jp/topics/14/05261130/ 日本人に生まれて、まあよかった 平川祐弘 「日本人に生まれて、まあよかった」(新潮新書)平川祐弘著(新潮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more