テーマ:講談社

「トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち」清武 英利著(講談社 1,836円税込)

「トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち」清武 英利著(講談社 1,836円税込) トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち講談社 清武 英利 Amazonアソシエイト トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち [ 清武 英利 ]楽天ブックス 清武 英利 講談社トッカイフリョウサイケントクベツカイシュウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理の政治哲学「国民は馬鹿である」は本気だと思ったほうがいい

安倍総理の政治哲学「国民は馬鹿である」は本気だと思ったほうがいい http://news.kodansha.co.jp/20170510_b01 インタビュー 官僚組織と産業界の癒着や、霞が関の利権構造を暴いて40万部に迫る大ベストセラーとなった『日本中枢の崩壊』(2011年5月刊/講談社)。著者で元経産官僚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本中枢の狂謀」古賀 茂明著(講談社 1,836円税込)

「日本中枢の狂謀」古賀 茂明著(講談社 1,836円税込) 日本中枢の狂謀講談社 古賀 茂明 Amazonアソシエイト by 日本中枢の狂謀 [ 古賀 茂明 ]楽天ブックス 古賀 茂明 講談社ニホンチュウスウノキョウボウ コガ シゲアキ 発行年月:2017年05月31日 予 楽天市場 by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「下り坂をそろそろと下る」(講談社現代新書) 平田オリザ著(講談社 820円税込)

「下り坂をそろそろと下る」(講談社現代新書) 平田オリザ著(講談社 820円税込) 【内容情報】(出版社より) 成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 内田樹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【闇株新聞 】 新刊書「野村證券 第2事業法人部」

闇株新聞 新刊書「野村證券 第2事業法人部」 2017年02月21日 http://yamikabu.blog136.fc2.com/  表題は、オリンパス事件で部下1名とともに唯一の実刑判決(上告中)となった横尾宣政氏が書き下ろした、明日(2月22日)発売される書籍名です。  何とか事前に入手できたので一刻も早くご紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「らぶれたあ」鮫肌文殊著(講談社 1700円+税)

「らぶれたあ」鮫肌文殊著(講談社 1700円+税) 日刊ゲンダイ2017年1月5日 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/196909  童貞作品集「父しぼり」を上梓した著者は、「関西気鋭のパンク作家」としてテレビ大阪の経済番組に出演することになった。若いク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「図解・感覚器の進化 原始動物からヒトへ水中から陸上へ」岩堀修明著(講談社 1,058円税込)

「図解・感覚器の進化 原始動物からヒトへ水中から陸上へ」(ブルーバックス) 岩堀修明著(講談社 1,058円税込) 壮観!詳細な図解で見る進化の大河ドラマ! 原始的なミミズの視覚器は、どのように進化して脊椎動物の高度な「眼」になったのか? 「耳」のもとになった意外な器官とは何か? 一度は陸に上がり、海に戻っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門」(講談社タイガ) 二宮敦人著(講談社 777円税込)

「廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門」(講談社タイガ) 二宮敦人著(講談社 777円税込) 【内容情報】(出版社より) 標本や剥製、化石が所狭しと並ぶ、今はもう廃校になった小学校。そこに住まう謎多き生物学者・片倉信也のもとに持ち込まれた「廃墟の殺人鬼」の目撃情報。犯人さがしをはじめる子供たちだったが、家庭不和に悩む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学友がついにすべてを書いた『知られざる天皇明仁』の中身  「世襲とは、嫌なものだね」

学友がついにすべてを書いた『知られざる天皇明仁』の中身 「世襲とは、嫌なものだね」 現代ビジネス2016年10月29日 週刊現代講談社 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50058 誰もが抱く「温厚」「物静か」というイメージも、本書を読めば変わるかもしれない。天皇も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「されど“男”は愛おしい」 齋藤 薫著(講談社 1,620円税込)

「されど“男”は愛おしい」 齋藤 薫著(講談社 1,620円(税込) 【内容情報】(出版社より) ベストセラー『されど”服”で人生は変わる』の齋藤薫が、男について始めて語る。緻密に無慈悲に、愛を込めて。これが男の新基準。 「小説現代」に連載中の、男についての辛口エッセイ。 新たなる「齋藤薫語録」、誕生 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「憲法という希望」(講談社現代新書) 木村 草太著( 講談社 820円税込)

「憲法という希望」(講談社現代新書) 木村 草太著( 講談社 820円税込) 【内容情報】(出版社より) 「憲法は日々を生きる私たちの味方です。しかし、私たちがそれをうまく使いこなさなければ、憲法を活かすことはできません」 気鋭の憲法学者が憲法の歴史・理念を分かりやすく解説し、選択的夫婦別姓問題や、地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐々木希、最新写真集の“ガチパンティ”にファン喝采! 「エロすぎて驚いた」と絶賛の声

佐々木希、最新写真集の“ガチパンティ”にファン喝采! 「エロすぎて驚いた」と絶賛の声 Mens Cyzo2016.09.29 http://www.menscyzo.com/2016/09/post_12810.html ※イメージ画像:『かくしごと』佐々木希/講談社  女優の佐々木希(28)が今月26日に発売し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パックス・チャイナ 中華帝国の野望」(講談社現代新書) 近藤大介著(講談社 918円税込)

「パックス・チャイナ 中華帝国の野望」(講談社現代新書) 近藤大介著(講談社 918円税込) 【内容情報】(出版社より) 南沙諸島や尖閣諸島を巡る強硬な外交で、周辺国やアメリカと軋轢を生んでいる習近平政権。「海の万里の長城」を築き、大海洋国家を目指す習近平の野望ははたして実現するのか? 中国外交を長年ウオッチしてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【BOOKレビュー】  「踊り子と将棋指し」坂上琴著(講談社 1300円+税)

BOOKレビュー 「踊り子と将棋指し」坂上琴著(講談社 1300円+税) 日刊ゲンダイ2016年3月1日 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/176302 「踊り子と将棋指し」 坂上琴著(講談社 1,404円税込) 【内容情報】(出版社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゲバゲバ人生  わが黄金の瞬間」 (講談社+α文庫)大橋巨泉著(講談社 993円税込)

「ゲバゲバ人生  わが黄金の瞬間」 (講談社+α文庫)大橋巨泉著(講談社 993円税込) テレビが一番面白かった時代、いつも中心にはこの人がいた。 『11PM』『ゲバゲバ90分!』『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』……。 数々のヒット番組の裏側、有名人との交流、そして突然のセミ・リタイア宣言まで、大橋巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講談社 あなたのセックス、そこが間違っています!~読むだけで誰もが気持ちよくなれる

【完全マニュアル】 講談社 あなたのセックス、そこが間違っています!~読むだけで誰もが気持ちよくなれる 現代ビジネス2016年07月02日(土) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49065 〔photo〕iStock セックスについては、コンプレックスだらけの人がほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな体位、ありえない!? 江戸庶民が愛した「豆判春画」、その奥深き世界なんと大らかな性風俗

賢者の知恵 こんな体位、ありえない!? 江戸庶民が愛した「豆判春画」、その奥深き世界なんと大らかな性風俗 現代ビジネス2016年06月24日(金)  浅野秀剛 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48885 老婆との行為の後。老婆は満足そうであるが、男は吐いている 昨年より続く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講談社、村上さんエッセー電子化 「遠い太鼓」など

【話題のニュース】 講談社、村上さんエッセー電子化 「遠い太鼓」など 東京新聞2015年10月27日 11時10分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015102701001353.html  講談社は27日、村上春樹さんの既刊エッセー「遠い太鼓」と「やがて哀しき外国語」を電子書籍化し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講談社、全コミック誌を電子化へ 紙と同時配信

講談社、全コミック誌を電子化へ 紙と同時配信 朝日新聞デジタル2015年1月4日05時02分 守真弓 http://www.asahi.com/articles/ASGDW4T7ZGDWUCVL00D.html 書影)週刊少年マガジン  電子書籍時代の本格到来に向け、講談社は、全コミック誌を紙と同時に電子版で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島田紳助さん敗訴=週刊誌記事めぐる訴訟-東京地裁

島田紳助さん敗訴=週刊誌記事めぐる訴訟-東京地裁  週刊現代で「極道の世界の一員」などと報じられ、名誉を傷つけられたとして、元タレントの島田紳助(本名・長谷川公彦)さん(56)と吉本興業が発行元の講談社側に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁の本多知成裁判長は30日、島田さんの請求を棄却する一方、吉本興業への110万円の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more