テーマ:戦争

【父・神戸真一が書いた終戦秘話】  8月15日に近衛師団戦車中隊に起こったこと

終戦秘話:8月15日に近衛師団戦車中隊に起こったこと http://www.nanmoku.ne.jp/~sinikanb//shusen.html 宮城を舞台にした終戦劇 地下壕に分散  昭和二十年五月二十五日の夜半の空襲で兵舎を焼かれた戦車中隊は、本部(牛込区戸山町)の被服(ひふく)倉庫へ移った。  近衛騎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内田樹が語る「戦争について真剣に考えていない国が『戦争のできる国』になろうとしている現実」

内田樹が語る「戦争について真剣に考えていない国が『戦争のできる国』になろうとしている現実」 [週プレNEWS2014年12月09日] http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/09/40332/ 安倍政権の韓国や中国への態度は、酔っぱらいが後ろから羽交い締めにされながら怒号を上げるのとよく似て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦う女、戦えない女」林田敏子著(人文書院 1680円)

「戦う女、戦えない女」林田敏子著(人文書院 1680円) 日刊ゲンダイ2014年3月24日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/148903 「戦う女、戦えない女 第一次世界大戦期のジェンダーとセクシュアリティ(レクチャー第一次世界大戦を考える)」林田敏子著(人文書院 1,680円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦場の軍法会議―日本兵はなぜ処刑されたのか」NHK取材班、北博昭著(NHK出版 1,995円)

戦場の軍法会議―日本兵はなぜ処刑されたのか [著]NHK取材班、北博昭 [評者]保阪正康(ノンフィクション作家)  [掲載]BOOK.asahi.com2013年08月04日   [ジャンル]歴史 ノンフィクション・評伝  http://book.asahi.com/reviews/reviewer/201308040000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もし日中が戦ったら…自衛隊が圧勝!専門家が徹底シミュレーション

もし日中が戦ったら…自衛隊が圧勝!専門家が徹底シミュレーション ZAKZAK2012.09.21 . . 海上自衛隊のイージス艦「きりしま」 .  沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐって、中国が攻勢を強めている。尖閣周辺の接続水域に中国公船が出入りし、北方海域では海軍のフリゲート艦2隻が展開していることが判明した。中国共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦パイロット「生き残った負い目と死んだ仲間の声」を語る

零戦パイロット「生き残った負い目と死んだ仲間の声」を語る NEWSポストセブン2012.08.14 16:00  8月15日は71回目の終戦記念日である。今春、『太平洋戦争 最後の証言』三部作を完結させたノンフィクション作家の門田隆将氏は、100人を優に超える老兵たちの声に耳を傾け続けた。人生の最晩年を迎えた彼らが日本に遺し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の体験基に シベリア抑留描いた漫画 「凍りの掌」全国書店に

【東京】 父の体験基に シベリア抑留描いた漫画 「凍りの掌」全国書店に 東京新聞2012年7月10日  元日本兵が強制労働させられた「シベリア抑留」の実態を描いた自費出版の漫画「凍(こお)りの掌(て)」が、港区の出版社「小池書院」から発刊された。江戸川区の漫画家おざわゆきさん(47)が、父親の体験を基に三年かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島からの帰還兵 戻ってみると町葬が済み墓ができていた・・太平洋戦争最後の証言 第二部 陸軍玉砕編

硫黄島からの帰還兵 戻ってみると町葬が済み墓ができていた NEWSポストセブン2011.12.30 07:00 http://www.news-postseven.com/archives/20111230_77366.html ノンフィクション作家・門田隆将氏が100人を超す元兵士に取材した戦争ノンフィクションの決定版三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more